どのように依頼すればいい?工務店の利用者が疑問を持ちやすい点について解説

このサイトでは工務店の利用者が疑問を持ちやすい点について解説しています。
初めて家を建てる方の中には依頼した後はどういう手順で進められていくのか、どのような事が行われるのか知りたい方もいるのではないでしょうか。
疑問を持ったままだと不安に感じたり、なかなか初めの一歩を踏み出せない事も。
最後まで読み終わる頃には抱いているすべての疑問が納得や理解、安心へと変わるように初心者の方にも分かりやすく説明します。

どのように依頼すればいい?工務店の利用者が疑問を持ちやすい点について解説

工務店に依頼した後の流れは、契約を交わした後に工事着工へと進みます。
工事着工前には工務店の方、もしくは依頼主も同行して近隣の方へ挨拶回りを行います。
希望する場合は工事前に地鎮祭、工事の合間に棟上げ等が行われます。
完成したら仕上がりを確認して引渡しとなります。
契約内容等にもよりますが一般的に契約時に着手金、上棟時に中間金、引渡し時のタイミングで残代金をお支払いします。
完成引渡しまでこのようなスケジュールとなっています。

顧客満足度が高い工務店を見極めるコツ

顧客満足度が高い工務店を見極めるには安定している企業かどうかを調べておくのが大切です。
年間施工数がどの位かを調べその企業の経営状態はどうなのかを知っておくのがお勧めです。
万が一経営状態の良くない企業に依頼してしまうと、後のアフターメンテナンスなどで影響が出てくる可能性も。
工務店の中には契約後、施工は全て下に丸投げするという様な企業もあるため、自社施工なのかどうかをチェックしておくのも重要です。
下請けに依頼する場合、余分な予算が追加されたり、責任問題がどちらにあるかで揉めることもあるため自社施工かどうかも判断基準の一つとして考えておくとよいでしょう。
話し合いを進めていく中で、コミュニケーションが取れるかどうかもチェックしておくのがコツです。
しっかりとコミュニケーションが取れることで意見を伝えやすくなります。
「自社の意見を押しつけてくるだけになっている」「こちらの意見を鵜呑みにするだけで、デメリットなどは伝えてくれない」などの場合は注意が必要です。

工務店との契約時に確認すべき内容

工務店との契約時、工事の「着工日」、建物が完成する「完成日」、建物完成後に施主に家が引き渡される「引き渡し日」などの工事の日程がきちんと契約書に記載されているか確認することが重要です。
「未定」「要相談」のような曖昧な記載になっている時は注意が必要です。
万が一工期が大幅に遅れた場合の違約金についての確認もしておきましょう。
その他に契約する時に確認しておきたいのが、保証やアフターサービスについてです。
建築中や引き渡し後、事故や不具合が起きた場合の保証はどうなるのかを聞いておくのがポイントです。
瑕疵担保責任の保証の範囲はどこまでか、保証外のアフターサービスの期間はどの位かという点もチェックしておくのがお勧めです。
工務店と契約する際は見積書と図面を照らし合わせて、打合せの時と内容と同じか、修正を依頼したところに間違いがないか、金額にも反映されているかという点もチェックすることが大切です。
具体的ではなく「○○一式」というような曖昧な表現で記載された項目がないかどうかも確認しておくことが重要です。

工務店のセールスポイントを正しく把握

工務店と呼ばれるところは数多くありますが、それぞれに違ったセールスポイントを持っている場合があります。
セールスポイントを判断材料にして、工務店選びをする人も多いでしょう。
しかし、この場合に注意をしておくべきことがあります。
それは工務店が伝えようとしていることを正確に把握するということです。
例えば地域密着型の営業をしていることを売りにしている場合に、それは何を伝えようとしているのかをしっかりと理解したうえで判断しなければいけないということです。
地域密着型であることは、仕事の対象が会社の所在地近辺に集中しているということになります。
地元の人から支持されていないと、そういった営業形態をとることは難しくなります。
つまり、地域密着型であることを売りにしているということは、地域の人からの依頼を大切にしているということです。
そして、その結果地域の人から支持をされているので、営業を続けられているということを伝えています。

安全面を第一に考えてくれる工務店

注文住宅を建てたい、リフォームをしたいと思うからは、ハウスメーカーや大手建設会社もしくは地元の小さな工務店に依頼します。
それぞれ得意分野やメリットがありますので一概にどこが良いとは言えませんが、もし地域に密着するところを選びたいと思うのであれば工務店がおすすめです。
工務店を選ぶ基準はいろいろでセンスの良さやスタッフの対応の良ささらには、リーズナブルな価格設定などいろいろですが、「安全面を第一に考える」というようなところを選ぶことは重要です。
安全面を第一に考える工務店は、工事中も事故がないように最善の注意を払って工事を行います。
また、自分たちの安全はもちろんですが住む人によって安心できるような、事故が起きないようなつくりにしてくれます。
特に小さいお子さんやご高齢の方がおられるご家庭は、事故を未然に防ぐことが出来るような家にすることは大切です。
ぜひ、注意深く良く選んで工事を依頼するようにしましょう。

工務店に頼んだ内容を変更できる期限

工務店に納得をしたうえで依頼したものの、後から「もっとこうしたい」という要望が出てくる場合もあるでしょう。
一生に一度のマイホームですから、どうしても自分の理想を手に入れたくなりますし、構想に関して、何度も試行錯誤してしまうのは仕方がありません。そうした時には、いち早く、工務店に話をしてみましょう。基本的には頼んだ内容を変更できる期限を設けているところは少ないため、依頼主の期待に添えるような形にしてくれます。ただし、後から依頼した内容によっては、追加工事として発注することで建築費や建築材料費が高くなることもあります。また、日本製や海外製に限らず、建築材料がすぐに調達できないこともあり、納期までの時間を要することもあるでしょう。それによって工事の着工に遅れが出る恐れもあります。いずれにせよ、こうした事態を考慮しながら、それでも変更したいのかを考えて工務店に連絡を入れるようにすることが大切です。

工務店との交渉次第で工期の短縮も可能

家を建てる際に工務店に依頼することを考えている方が結構いるかと思われます。ハウスメーカーという選択肢もありますが、柔軟に対応してくれて自由度が高いため、理想の家にすることが可能です。広告費がほとんどかからないことでその分費用に還元されているため、安く家を建てたいと考えている方にも適しています。
工務店は少し工期が長くなってしまいますが、交渉次第で短縮することができるのでよく話してみてください。なぜ早く建てる必要があるのかを正直に話したり、工期を短縮する代わりにプラスの料金にすることで対応してもらえる可能性があります。ただ、工務店は少ない人員のところが多いため、無理をしてもらうのは避けた方がいいです。作業が雑になって、出来が悪くなってしまうことがあるので注意が必要です。早くしてもらうことも大事かもしれませんが、クオリティの高い家にすることの方が重要になります。短縮した場合に、品質が悪くなるのは問題です。

工務店の保証範囲を事前にチェック

工務店を利用して住宅を建てる計画を持つ方は、法律で定められている保証だけではなく工務店独自にサービスとしているアフターフォローも十分にチェックすることはトラブルの回避にも役立ちます。
法律に関しては2020年4月に改正されている内容では、瑕疵担保責任が該当しており、住宅の柱や梁の他、屋根や外壁なども対象範囲です。実際に生活を送ってみて、短期間で室内側の天井や壁に浸水によるシミが出来ている場合でも10年間の保証が適用される決まりごとがあります。他には工務店が独自に決めている内容もあり、欠陥だけではなく住宅内の機能性についても対象とする範囲はあり、具体的にはリビングに設置をした照明器具を使っても十分な明るさを確保できない事例や、コンセントの数が不足していて使い勝手が非常に悪い状態であっても工務店側に請求できる項目が多い契約不適合責任を追及することも可能です。他には給水管や排水管の20年の補償を掲げている会社や、使う資材で違いはありますが外壁の塗膜の30年補償などがあれば安心して建築依頼を行えます。

工務店の対応に不満があるときの伝え方

マイホームを建てる際にはトラブルはつきもので、建てる前には予期していなかった様々なトラブルが発生してストレスを感じるという方は少なくありません。
例えば、評判が良い工務店に注文住宅を依頼したにもかかわらずなかなか工事が始まらない、現場に下見に入ったにもかかわらず見せてくれない、希望としていた間取りと違った、といったことです。不満があるとついつい、「向こうが悪い」「自分たちはきちんと伝えたつもりだ」と自分の落ち度よりも相手が悪いと考えて相手を責めてしまう傾向にあります。しかし、それでは解決になりません。それで、工務店に不満があるときの伝え方としては、まずは、感謝を伝えてからそれから自分たちが心配していることや不満があることを冷静に伝えることです。下見に入ったが見せてくれないのには理由があることがあります。足場が悪い、ヘルメットの準備がないといったことです。相手が悪いと決めつけないようにしましょう。

今後のメンテナンスについて工務店と相談

今後のメンテナンスについて工務店と相談する際、アフターフォローやアフターサービスがしっかりしているかどうかをチェックしておくのがポイントです。工務店の担当者が良いことだけを言っている可能性もあるため、パンフレットや説明資料も見せてもらいながら相談するのがお勧め。アフターフォローに力を入れている企業は説明の資料やパンフレットにもアフターサービスの説明がきちんと記載されていることが多いので、資料内容を確認し、担当者がアフターサービスの説明を丁寧にしてくれるかどうかもチェックしておくとよいでしょう。相談する時は「保証の期間はどれくらいか」、「無償保証と有償保証の範囲」、「アフターフォローの延長制度はあるか」などの点も確認しておくことが大切です。
「質の良い材料を使っているか」という点もチェックしておくのがポイント。しっかりした材料を使っているかどうかで、長期間住み続けた時の老朽化にも差が出て来ます。新築の時から質の良い材料を使用している企業は入居後のメンテナンスが重要と考えている場合が多いため、材料についても確認しておくのがお勧めです。

工務店に関する情報サイト
工務店に依頼した時の流れ

このサイトでは工務店の利用者が疑問を持ちやすい点について解説しています。初めて家を建てる方の中には依頼した後はどういう手順で進められていくのか、どのような事が行われるのか知りたい方もいるのではないでしょうか。疑問を持ったままだと不安に感じたり、なかなか初めの一歩を踏み出せない事も。最後まで読み終わる頃には抱いているすべての疑問が納得や理解、安心へと変わるように初心者の方にも分かりやすく説明します。

Search